読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【CoCシナリオ】GateA

初の完全オリジナル(題材無し)シナリオです。

クローズド、研究施設から脱出するシンプルな内容です。

 

Gate"A"はAzathothです。

時間:2h

人数:4~5人(アザトース招来に4人必要な為)

【真相】 

秘密裏に「死者蘇生薬」を開発する研究施設がありました。

人体実験を行う為に人を集めていたところをシャッガイからの昆虫に目をつけられ、

アザトース招来の為に利用されていました。

 

 

【事前準備】

探索者の中から一人、「シャッガイに洗脳された人物」を選びます。

その人には事前に「呪文を唱えるように誘導してください」と伝えておきます。

 

 

【導入】

クローズドですので適当でかまいません。

代表一名を選び「何してますか?」程度で良いでしょう。

何かしら不運な事(交通事故など)があり、意識を失ってしまいます。

 

【牢屋】

f:id:dirge069:20160523023507j:plain

目を覚ますとこのような場所にいました。

バケツに入れられた不衛生な水とトイレしかなく、

牢は錆びついており、鉄臭い匂いがします。

また、監視用と思われる小窓から微かな光が漏れています。

 

>>持ち物

財布・スマホ以外は基本的にありません。

しかし「シャッガイに洗脳された人物」のポケットには牢の鍵が入っています。

 

>>小窓

血がべっとりとついており、奥の部屋を見る事はできません。

SANチェック0/1d2

 

 

【暗い廊下】

光源がなく真っ暗です。

スマホのライトを使用するという宣言があった場合、圏外という事を伝えます。

※この施設は基本的に記述がある場合を除き、光源はないものとします。

しばらく進むと右に折れており、その先に鉄の扉があります。

※この施設は基本的に記述がある場合を除き鉄の扉で、聞き耳を行えません。

 

 

【扉の先(部屋5)】

f:id:dirge069:20160523024202p:plain

ここでマップが公開されます。(壁にかかっています)

また、ここが地下2階であるという事がわかります。

 

 

【部屋2】

机・椅子・ベッドがあります。

机の上には「血のついたレポートの前半部分」と給湯器、オイルライターとたばこ、

お菓子などが置かれています。

 

>>血の付いたレポートの前半部分

f:id:dirge069:20160523024915p:plain

かなりかすれており、読むことは困難です。(しかし、門の創造だけは読めますね。)

また、後半部分が破り取られている、という事がわかります。

 

>>給湯器/椅子

武器にしたい とか言われたら「こぶし/1d6+db DEX-3」程度で扱えると伝えましょう。

椅子も「こぶし/1d8+db DEX-5」で扱えます。

戦闘しても死ぬだけなんですが。

 

 

【部屋3】

小さな電球が照らす薄暗い部屋です。

無数の死体が壁にもたれかかるように倒れており、

床は血だまりとなっています。それらは全て四肢が欠損しています。

SAN 1/1d3+1

全て白衣を着ており研究員であろう、という事がわかります。

死体を漁ると「カードキーLv1」が手に入ります。

また医学に成功すると噛み付かれている事がわかります。

 

 

【部屋4】

カードリーダーがあり、「Lv1」とかかれています。

f:id:dirge069:20160523025537j:plain

中は薄暗いですが、奥に光源があります。

辺りには大量の紙が散乱しており、コンピュータや実験道具、注射器があります。

このうち一つを見ようとした探索者は、ゾンビに腕を捕まれます。

 

>>ゾンビ

※このゾンビは薬剤により強化されており、ルールブックにあるものより強力です。

SAN 1/1D8

手をつかまれた探索者はふりほどく為にSTR22との対抗ロールに勝たなければなりません。また、ダメージを与えても力を緩める事はありません。

(二人またはそれ以上で力を合わせ引っ張る事はできます。)

 

逃げる場合は無理に戦闘形式に持ち込む必要はありませんが、探索者が攻撃する意思を見せた場合は戦闘処理としましょう。

強化されたゾンビ

HP:22

DEX:7

回避:0%

装甲:貫通する武器で1ダメージ/それ以外で半分のダメージ

噛み付き:腕を掴んでいる状態で90% それ以外で70%

2d8+2+1d6

 

>>大量の紙

名簿であり、たくさんの名前が記載されています。

大抵は「蘇生失敗」「蘇生後死亡」と書かれています。

 

>>注射器

ゾンビを生成する為の薬剤が入っています。

死者にしようした場合、「CONに現在HPの負の値を加えた値」でロールし、成功した場合、HP1で蘇生します。

蘇生に成功した場合、「POW*2の値」でロールし、失敗した場合はゾンビになります。

そのゾンビは探索者を攻撃します。

 

 

【地下一階】

f:id:dirge069:20160523031000p:plain

こちらも階段付近に地図があります。

 

 

【部屋1】

f:id:dirge069:20160523031053j:plain

トイレです。

個室のうちの一つ(洋式)に死体があり、胴体に「ナイフ」が突き刺さっています。

SAN 0/1d2(慣れですね)

また、衣服を漁ると「レポートの後半部分」が出てきます。

 

>>ナイフ

「こぶし/1d4+db」で扱えます。しかし、抜いた瞬間に死体は蘇ります。

SAN 1/1D8

先ほどと同様に抜いた者は腕を捕まれ、STR22との対抗ロールとなります。

(ステータスは全て同じです。)

 

>>レポートの後半部分

f:id:dirge069:20160523031504p:plain

探索者はこれが先ほどのレポートの続きであり、「シャッガイに洗脳された人物」はこれが呪文であり、唱える事で「門の創造」が使えるという事が分かります。

クトゥルフ神話+1%

 

このレポートを入手後、トイレから出ると地下二階への階段から1d8匹のゾンビが昇っていきます。

SAN 0/1d8(トイレの蘇生するゾンビを見た者は0/1d4)

しかし、基本的に足が遅い為逃げ切れます。

 

 

【通路Aと通路Bの間の扉】

カードリーダーがあり、「Lv2」とかかれています。

入れません。

 

 

【部屋2】

入れません。

 

 

【部屋3】

入れません。

 

 

【通路Bと通路Cの間の扉】

パスワード式であり、4桁の数字が必要です。

(レポートの後半部分に書かれた値、1969です。)

ここで探索者が手間取った場合、ゾンビとの戦闘になります。

 

 

【通路の外】

階段を上ると地上に繋がっていました。

しかし、何やら様子がおかしいです。(具体的な描写は避けてください。)

f:id:dirge069:20160523032503j:plain

実は既に施設外に出た為、電波が通じます。

スマホのマップ機能を使えば「ナビゲート+50」で生還できます。

失敗した場合は薄暗い森を長時間彷徨う事になります。

SAN 0/1d3

→True END

 

>>呪文を使った場合

アザトースが召喚されます。(実際は門の創造ではなくアザトースの招来)

SAN 1d10/1d100

クトゥルフ神話+5%

SANチェックに耐えた者は回避を試みる事ができます。

成功した場合は幸運でロールし、成功した場合は生還できます。

→Nomal END

失敗した場合は1d100のダメージを受けます。

耐えた者は再び回避を試みる事ができます。

(この処理は回避初期値の私の卓用ですので、回避に技能を振れる卓では調整する事をお勧めします。)

全滅した場合→Bad END

 

 

【クリア報酬】

True END→1d20+1d8+1d6

Nomal END→1d20+1d8

Bad END→回復なし